遊々楽々その7 オーディオの話続き

 前回のコラムでオーディオのコトを書いたら、数人の方から「マスターはスピーカーを気に入ってないの?」と言われました。 あれ〜? ボクの書き方が悪かったかな?
スピーカーは気に入っているんです。とても気に入ってます。好きなくらいです。
それで、そのスピーカーをよりよく鳴らそうとして購入したアンプが、あまり良く鳴らしてくれなかったと・・・・・説明してますが、もしかしたらこれはマニアックな話かも知れない。

 簡単にいうと、同じスピーカーでも接続するアンプによって音が変わるんです。結構変わっちゃいます。それで評価の高いアンプを買ったのに、ぜーーんぜん良い音で鳴ってくれなかったという話ですけど、、、、うまく伝わるかどうかちょっと不安。
今はよい音で鳴らしてくれるアンプが見つかったので、とっても気に入ってます。ここんとこ機嫌もいいです。

 文章で気持ちを伝えるのはなかなか難しいモノだなと思います。若い頃にもっとラブレター(古い)を書いておけば良かった。今はメールで伝えるのかな。
で、お客さんにそんな話をしてみたら、やっぱりメールでも勘違いして受け取られることがあるそうです。そんなつもりじゃないのに・・・って。
そうなんですよね、同じ文章でも受け取る側の心理状態で真逆に受け取ってしまうこともあるようです。
どうしたら良いのでしょうか?誤解されたら誤解を解くのが一番ですけど、そんな時ってコミュニケーションも取りづらくなってたりします。
日本人はなんとなく「暗黙の了解」みたいなモノがあって「今さら言わなくてもわかっているだろう」なんてことが多いのですが、ボクは気持ちを伝えるために、思ったことは出来るだけ言うように心がけています。

 奥さんが作ったごく普通のカレーでも、たまたまお腹が空いていておいしく感じたら「今日のカレーはうまいなあ」と口に出します。「あら、そーお?」とニコッとしてくれれば、家内安全、商売繁盛?かどうかは分からないけど、まあ平和に過ごせます。欲しい物を買ってもうるさく言わない時もあるでしょう。
「あ、そう!」とニコリともしないで言われたときは、なにかで機嫌を取っておいた方がいいかも知れません。

 勘違いの積み重ねって結構ありそうです。近い人ほどそうかもしれません。
コミュニケーションって大事だと思います。そしてコミュニケーションにとっても役立つのが珈琲なんです。おいしい珈琲を飲みながら会話をするのって伝わりますよ。ふふふ

加賀 公=大館市 加賀コーヒー店店主(KOWのマスター)2014/1/27
ColumnTOP(目次)
TOP | ショップのご案内 | 大館焙煎珈琲 | コーヒー豆知識 | コーヒー器具の部品・パーツ | お問い合わせ
Copyright(C)2000-2018 大館焙煎珈琲 加賀コーヒー店 All rights reserved.